2011年07月30日

ビクターとブッチ

「ビクターとブッチ」
ソニーマガジンズ 発行
ヘレン・スティーブンス 作・絵

ビクターはおりこうでかわいい子犬です。でもともだちのブッチはちいさいのにとってもいたずらな子犬。ビクターはブッチに憧れていて、ブッチみたいなことをしてみたいなあと思うのですが、やってみるとなんだか嫌な気持ちになってしまってどうしてもできません…。

犬の話ではありますが、小さい子が悪い子に憧れる感じ、よく出てます!悪い子がかっこよく見えること、よくありますよね!でも実際自分がやってみると、悪いことってあんまり楽しくないんだ…。

この本は、みーが久々に「今日も!今日もこれ!!」と大受けした一冊。悪い子に憧れるビクターが楽しいというよりは、最後のオチが大好き。そのセリフだけ何回も読まされます。わかる。私も楽しい、この落ち。でもそのオチをここで書いちゃうと本編が台無しだから、書きません…。発行が2004年と比較的早いので、まだ本屋にもあるかも。…とはいえ、まあ、図書館が確実かな。お見かけになったら、ぜひ!たぶん3歳くらい向けの話ですが、オチの洒落の効いた感じはもうちょっと大きい子でも楽しめると思います!
posted by 麻井由紀 at 01:23| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。