2011年06月21日

たまごのなかにいるのはだあれ?

「たまごのなかにいるのはだあれ?」
福音館書店 発行
ミア・ボサダ 作・絵

福音館書店の科学絵本です(かがくのとも絵本ではありませんが)。
まずたまごを見せて、これ何のたまご?と問いかけ、次のページで答えと、その動物の生態を簡単に(だいたい幼稚園年中〜小学校低学年くらいがターゲットと思われます)説明しています。

久々に、みーの「今日もこれ読んで」発言が来た一冊。ここのところ、「まだ読んでない本、まだ読んでない本」が決めぜりふで、読み終わるや「図書館行こう」だった彼女には珍しい発言です。
元々、科学絵本が好きで、クイズものに目がないので、無理もないのですが…。

たまごなので、もちろん相手は鳥類、は虫類、両生類…あと魚類と昆虫、のたぐい。そこそこリアルなのでうろこが駄目な方にはお勧めしません。が、このリアルが何というか、なんとも心地良い感じのリアルなんですよね…。たぶん、水彩の技法に貼り絵の技法を使っているのだと思うのですが、ペンギンやカモの羽毛のふわふわした感じや、ワニのタマゴが産卵されている土の表現など、なんともいえない柔らかさです。リアルでも、気持ち悪い系のリアルではなくて、目に心地良い系のリアルなんです。
また、答えページの説明文もほどよいです。「答えは××です!」で終わりではなく、かといってあまりに詳細すぎて、年中さんくらいの子供があきるような文章でもなく。ちょうどよいボリュームの説明文。
子供さんが科学絵本に興味ある、あるいは動物に興味がある、はたまたクイズが好き、であれば、きっと読んで楽しめると思います。動物は動物でもほ乳類くらいしか興味がなかったお子さんなら、タコや蜘蛛の生態に興味を持つかも。
図書館にあったら是非一度。

posted by 麻井由紀 at 22:28| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。