2011年05月15日

とこやさんにいったニッセ

「とこやさんにいったニッセ」
偕成社 発行
オロフとレーナ・ランドストローム 作・絵

小学校の修了式のためにとこやさんにいったニッセ。とびきりすてきにね、ととこやさんにお願いして、ママは買い物にいってしまいました。順番を待つ間、ニッセは雑誌を読み、つまらない写真ばかりだなとつぶやきますが、一枚だけ気に入った写真がありました。「こんな髪型にして!」…頼まれたとこやさんは…。

たのまれたとこやさん。「うーん」と一声うなりはしたものの、雑誌とにらめっこで切ってはとかし、切ってはとかしして、ニッセが考えたとおりの髪型に仕上げてくれます。
その髪型を見た瞬間、みーは「×××!」(排泄物)と叫びました。作者の意図はそれではなくて「×××××××」(冷たい食べ物)の方ではないかと思うのですが…。
ともあれ、ちょっと奇抜な髪型に仕上がったニッセ。でもニッセは大満足。
そしてそれを見たお母さんは「まあニッセ!」と驚いて叫んだものの、怒ったりはしません。
先生や友達も「あらニッセなの!?」と驚きはしますが、笑ったりしない。
みんなの柔軟な姿勢、受け入れる目線がなんだかいいなあ、と思います。
オチのページのとこやさんの光景もちょっと好きです。

色づかいがやわらかく、線がシンプルで暖かくて、なつかしい感じのする絵本です。母国での出版は1991年と、そんなに古いわけではないので、これが作者の方達のスタイルなのでしょう。同じニッセの本がもう一作あるようなので、さがして借りてみようと思います。

posted by 麻井由紀 at 23:49| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。