2011年04月26日

どれにしようかな

「どれにしようかな」
学研 発行
つちだのぶこ 作・絵

にちようび、すみれちゃんはおもちゃやさんへやってきました。どれにしようかまよっちゃうな、と、まよってまよってえらんだおもちゃは8こ。
「あらあら、どれかひとつよ」とおかあさん。
「まよったらかみさまにきいてごらん」とおとうさん。
そこですみれちゃんは……。

ど・れ・に・し・よ・う・か・な か・み・さ・ま・の・い・う・と・お・り…の、決め歌おまじない(という言い方でいいのかな)。
きっと地方ごとにいろいろ文句が違うんでしょうね。ちなみに私が子供の頃の地元では「どれにしようかな てんのかみさまのいうとおり ぷっとこっとぷっとこっとぷっぷっぷ かきのたね」でした。子供が今使っている(どうやら幼稚園で聞き覚えたらしい)文句は「どれにしようかな かみさまのいうとおり それはまほうのまほうです」というもの。
…でも、それで一つに決まったとしても、やっぱりまだ迷っちゃう時って、ありますよね。そういうとき、どうします?
そう、おまじない歌には追加があるのです!
すみれちゃんのおまじない歌にふりまわされるおもちゃたちや天の神様がなんともいえません。特に、おもちゃたちがとっても表情豊か!最初に選ばれたくまさんが、すみれちゃんがやっぱりやーめた、とおまじないを続けてしまったので落ち込んだりくっすん泣いたりするところ、それをなぐさめるお人形のお家、なんともいえずかわいいです。
あと、「こんな文句もあるんだ!」と、すみれちゃんがくりだす言葉にびっくりしたりして。
いつも、それこそおもちゃばこをひっくり返したような、カラフルで画面いっぱいにいろんなものが書き込まれているのが特徴のつちださんの絵本。おもちゃやさんを描いたこの絵本は、そのつちださんの本領発揮という感じがします。内容がシンプルなので、2〜3歳児から読めると思います。ちょっと大きくなった子は、書き込みの細かいところをチェックするのが楽しいかも。おすすめです。
posted by 麻井由紀 at 22:32| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。