2011年04月13日

訃報:岸田衿子さん

「かばくん」などを書かれた岸田衿子さんが亡くなられました。

我が家にあるのは「ねこどけい」「おいしいかぞえうた」の二冊。どちらもこどものともの月刊絵本です。「かばくん」も好きでしたが、「ぐぎがさんとふへほさん」のような、少しナンセンスな絵本も大好きでした。
中でもナンセンスの極みは、「かぞえうたのほん」。このブログの中でとりあげたと思っていましたが、取り上げていませんでした…。いくつかのかぞえうたを集めた本ですが、岸田さんの言葉とスズキコージさんの絵が秀逸で、これ以上のかぞえうたの本はない!と言いたいほど。
「いっちゃん いちごのたねだけたべる にーちゃん にぼしのかばやきたべる」……と続いていくかぞえうたの中、ろっちゃんがろーるぱんをほどいてたべるのが、変なんだけどどうにもありそうで、でもやっぱり変で……。
優しいやわらかい物語も、こういうちょっと不思議でナンセンスな絵本も、岸田さんの言葉を選ぶセンスあればこそだなあと思います。しみじみまた読み返したくなる話をたくさん書いて残してくださいました。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
posted by 麻井由紀 at 22:49| Comment(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。