2010年09月10日

おおきなきかんしゃちいさなきかんしゃ

「おおきなきかんしゃちいさなきかんしゃ」
講談社 発行
マーガレット・ワイズ・ブラウン 作
アート・セイデン 絵

がたんごとんがたんごとん おおきなきかんしゃがありました。
かたんことんかたんことん ちいさなきかんしゃがありました。

大きなトンネルから大きな機関車が出てきて、大きな運転士と大きな石炭車と大きな貨車と……。
大小の比較と、擬音、文章の繰り返しがおもしろいです。
絵がアメリカの40年代〜50年代のレトロ広告風でかわいらしく、どうやらみーが惹かれて手に取ったのも絵のかわいらしさだったようです。あんまり電車や車に興味を持つタイプではないので、絵本を読んでいても機関車そのものよりもがたんごとんがたんごとんやぼっぼーなどの擬音に興味を持っていました。男の子なら、機関車そのもののほうが気に入るかも。

posted by 麻井由紀 at 23:44| Comment(2) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
助かります。
最近の僕達は、がたんごとんー なんて言ったら、興奮の嵐です。。
お姉ちゃんが借りた、『おばけでんしゃ』で、がたたんーがたたんー
なんて読んであげたら、遠くから飛んできました。
男の子の本能が騒ぐのか?
早速、借りてみようと思います。

ちなみに、おばけも好きらしく、せなさんにも夢中。
寝る前日課にしている読み聞かせ。
僕達は『ねないこだれだ』をリクエスト。
が、しかし!!
読み始めると、目が輝く二人とは対象的にお姉ちゃんは大泣きです。
どちらのリクエストも答えたいのですが、
残念ながら、お姉ちゃんが泣くはめになることが多い。
だって、読まないと僕達に噛み付かれるんだもの。
負けるな!お姉ちゃん。です。
Posted by なおさん at 2010年09月12日 22:39
みーも最近お化けが駄目なんです。
せなさんのお化けネタ(おばけのてんぷらとか)、昔は大好きだったのに、あれそんなに怖くないのに、「おばけでしょ?おばけいや」…と言って嫌がります。泣くほどではないけど…。

いつからそんな嫌いになったのかなあ。謎だなあ。

おおきなきかんしゃちいさなきかんしゃはいいですよー。男の子にはお勧めです。汽車いっぱいでるし。
そういえば、「でんしゃがまいります」というこどものとももありましたね。2008年の年中向け10月号です。がたんごとんという擬音は出ないのと、駅の風景が中心なので、僕たちに受けるかどうかはちょっとわかりませんが、電車の絵はありますよ。(一回貸したっけ…?)
よかったら見てみてください。図書館にないようなら今度貸しますね。
Posted by みーまま at 2010年09月13日 22:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。