2010年11月30日

だめだめ、デイジー

「だめだめ、デイジー」
小峰書店 発行
ケス・グレイ 作
ニック・シャラット 絵

「だめだめ、デイジー、鼻をほじくっちゃ」
「だって、ママだって」
「いつ?」
「ほら、車の中で。ナンシーのうちにいくとき」
「あれはほじったんじゃないもの。かいただけよ」

こんな調子で続くデイジーとママのやりとり。ママがだめよ、と言うと、だってママだって同じことしてるじゃない、とデイジーからツッコミが返ります。それに応じるママの言い訳が苦しい。
大人は少々気まずく、子供大喜び。
ママの状況わかるなあ。あるある、こういうこと。てかやっちゃう。
「みーちゃん、咳をするときは口におててを当てなさい」
言っときながら、自分が咳するときは手を忘れてたりするんですよねー。
みーはデイジーのようにはツッコミ返しませんが、日々同じことを思っているのでしょう。病み上がりのくせに、「これもう一回読む!」と主張しました。久々に彼女にとってスマッシュヒットっぽいです。

同じデイジーとママが主人公の「ちゃんと食べなさい」というシリーズもあります。たかだか10粒ていどの豆を食べさせるためにママが出してくる交換条件が強烈。そして、豆が大好きなみー、何故デイジーがそこまで豆を嫌がるのか、微妙にわからない様子。……うん。きっとイギリス人は豆が嫌いなんだよ。てか、イギリス人は野菜を何でもくたくたに煮込む人種だから、煮込まれすぎてぐちゃぐちゃになって強烈まずいんだよ。君がいつも食べてる煮豆や豆ご飯とは別物だ……。

絵柄的には多少好きずきが別れるかもしれませんが、最初の数行のやりとりを「わかるー!」と思えるお母さんにお勧めです。

追伸。まだ全快とはいきませんが、おかげさまでなんとか通常営業を取り戻しました。しつこい風邪だったぜ……!
posted by 麻井由紀 at 22:22| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

最近の事情

最近絵本の感想を書いていない事情。

週半ばから、ほんのり風邪っぴきだったみー。
一応木曜日には病院に行って薬をもらってきました。その時点では微熱だった。
咳が出てたんがからむのが気になるので、その薬をもらっただけで終了。

ところが、土曜日にそのウィルスだか細菌だかをもらった私が、昼食後あげるくだるの大騒動。
日曜日にそのウィルスに再感染した(?)みーが、彼女の人生最高体温、39度2分を記録。
突発をやっていないので、本当に本当に人生最高体温。
そして本日もまだぐったりしているのに、「幼稚園に行く!絶対行く!!」と言い張る。
……行けるかい!まだ病院にもかかってないのに!!
そして、無理矢理(本当に無理矢理)幼稚園を休ませて、病院に引きずっていきました……。
また夕方熱が出ましたが、今は安らかに寝ております。

が、そんな状況なので、まったく本が読める状態になっていません……。

早く完治して、またいっぱい読もうぜみー!
posted by 麻井由紀 at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

こねこにこにこねどこでねころぶ

「こねこにこにこねどこでねころぶ」
BL出版 発行
石津ちひろ 文
藤枝リュウジ 絵

たしかにかかしにかしたかさ
みかんにちかづきみつかるみかづき・・・

ことば遊びの絵本です。作者は「おやおや、おやさい」などを書かれた石津ちひろさん。絵はNHKのクインテットなどでキャラクターデザインをされている藤枝リュウジさん。
たぶん、聞く人よりも読む人が楽しい本。
ひたすら読んでしまいます。声に出して読まないと損です。何回も繰り返して読みましょう。
子供には、受けたり受けなかったり。

私が好きなのは、
バラの好きなゴリラリラの好きなゴリラランの好きなゴリラ
シチューとチャーシューめんをちゅうもんのきちょうめんなしちめんちょう
よくきくきゅうきょくのこうきょうきょく

とくに三つめは、連続三回くらい言うともう舌が絡まりそうです。楽しいー!!
みーもがんばって自分で読もうとしました。自分で読めた文章(たしかにかかしにかしたかさ)などは楽しかったみたいです。声に出して読みましょう!

posted by 麻井由紀 at 23:20| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

ちいさなろば

「ちいさなろば」
福音館書店 発行
ルース・エインズワース 作
酒井信義 絵

ちいさなろばはさびしいとおもいました。「イーヨウ!」と鳴いても「イーヨウ!」とこたえてくれるともだちはいないのです。そこへやってきた二人の女の子たちは、ろばにサンタクロースの存在を教えます。
「人間の子供にだけ、プレゼントをくれるんですか?ろばにはくれないんですか?」
そんなろばの前に、その夜現れた銀のそりは……。

とても欧米らしいクリスマスの小話。静かで穏やかな、あまり派手さのない話です。表紙も、クリスマスカラーの赤に、黒い線で描かれたロバだけ。…が、みーが手にとって放しません。
「これ!これ読んで!」
読んでいる間も何かと注文多く、「静かに読んで」「優しく読んで」などとおっしゃる。
読み終えるとしみじみ、「ろばさんのところにも、サンタさんが来たねえ…」
そろそろ幼稚園でクリスマス会の練習やクリスマスとはなんぞや、というお話を繰り返しされているらしく、ここ最近のみーはクリスマスネタに非常に敏感です。その心の琴線に、いい具合に触れたのかもしれません。

石井桃子さんの翻訳文は美しく読みやすく、挿絵も、薄緑色に彩られた夕方、美しい青色が基調の夜、まぶしい白を背景にした朝と、移り変わる時間を色で表して穏やかで綺麗です。静かに静かにとくりかえしみーに言われましたが、確かに、冬の夜、静かな声でひっそりと読み聞かせするのにはいい本だと思います。
posted by 麻井由紀 at 22:16| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

ダッシュだ、フラッシュ!

「ダッシュだ、フラッシュ!」
BL出版 発行
ドン・フリーマン 作・絵

ちいさなまちに、にひきのダックスフントがすんでいました。なまえはフラッシュとシャッセです。にひきはじぶんたちでたべものをさがさなくてはなりません。ところがフラッシュはなまけものでした。

非常になまけものでごろごろしているフラッシュ。一方、シャッセはとっても働き者。街のお手伝いをして、ソーセージだの、骨だのをもらってくるのはいつもシャッセです。けれど、ある朝シャッセは、フラッシュにも働いてもらおうと、きっぱり言いました。
「きょうはあなたが仕事にいって、二人分の食べ物をもらってきてちょうだい」

人間だと、ここはうまくいかないところなんですが(苦笑)。さすが、犬!素直で忠実。しぶしぶながらもフラッシュは立ち上がり、仕事を探しに出かけます。
けれど、街の人はみんなフラッシュがぐうたらなのを知っていて、誰も仕事をくれません…。…厳しいな、世間の風は。
あきらめかけたとき見つけたのは、電報配達の仕事。局長さんは「おやおや」と思いながらも、フラッシュのやる気をテストしてくれます。
ここで本気を見せるのがフラッシュのいいところ。そして、ほめられてやる気が出たフラッシュは、驚くほど真面目に仕事を続けます。秋が過ぎて、寒い冬が来てもとても熱心に。
けれど春ののんびりした日差しの中、ついうっかり怠け心が出て、さあ大変…!

オチがかわいいです…!犬好きの方は必見です。文章はそこそこ長いですが、絵がとても多いので、年少さんでも大丈夫です。さらっと描いたかんじの犬の絵ですが、一生懸命走っているときの後ろ足や耳のたなびき方など、さすがのデッサン。いかにもアメリカの絵本的な絵柄なので、そういう絵がお好きな方にもお勧めです。
posted by 麻井由紀 at 22:49| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

どろぼうさん!

本日お帰りあそばした直後の、うちのお嬢さんの一言。

「きょうねー、みーちゃんねー、エプロンしたんだよー」

ふーむ。何だ。何か調理実習でもやったのか。幼稚園児だけど。

「そしたらねー、どろぼうさんになったの!」

………?……??

「え?エプロンしてなんでどろぼうさん?」

「えーっとね、こうなってああなってこうなってるところがどろぼうさんみたいだったの!」

…と身振り手振りで教えてくれるのですが、その身振り手振りがどうやらエプロンの形状を表しているらしいことは伝わっても、いかように泥棒さんなのかがさっぱり伝わってきませんよ、娘よ……。

「どろぼうさんなんだよー。…そういえば今日のお給食はねえ!」

あっさり話題が変わってしまって、それ以上追求できませんでした。が、追求したところでどうせ、ああなってこうなってああなって、で、終わりだった気がするなあ。
posted by 麻井由紀 at 22:15| Comment(0) | みーのお言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

ねずみのおいしゃさま

「ねずみのおいしゃさま」
福音館書店 発行
なかがわまさふみ 作
やまわきゆりこ 絵

ねずみのおいしゃさまがねていると、よなかにでんわがかかってきました。「ぼうやがかぜをひいてねつをだしていますからすぐきてください」
ねずみのおくさんはしんぱいそうにいいました。「あなた、こんやはおおゆきですよ。だいじょうぶですか?」

かーなーりー、のんきなねずみのおいしゃさまの一晩のお話。
夜中に往診に飛び出したものの、雪がひどくて勝手によそのおうちに避難。朝になったらすっかり往診のことを忘れていて、「せんせい、こんな早くからどちらにお出かけですか」と聞かれておっとたいへんとようやく思い出す先生……。……オチは二段オチです。
お医者様という職業や、山脇さんの絵の印象に「だーまーさーれーたー」とも思いますが、あまりにものんきなので憎めません。内容的にも冬向きの本なので、これからの季節、いかがでしょう。

ちなみにみーは、「ぐりとぐらだよ!」と言って持ってきました。残念、これはぐりとぐらではありません……。が、気持ちはわかる。そっくり!(苦笑)

posted by 麻井由紀 at 23:14| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

しっぽのはたらき

「しっぽのはたらき」
福音館書店 発行
川田健 文
藪内正幸 絵

これは、記念すべき月刊絵本かがくのともの第一号です。第一号にふさわしい、丁寧でおもしろい内容です。まずしっぽの絵があって、ヒントがあって、「なんのしっぽでしょう?」という問いかけ。次のページでは、そのしっぽにつながる体が描かれていて、しっぽのはたらきについて詳しく解説されています。なるべく子供が親しみやすい動物を選びながら、しっぽのはたらきはかぶっていないのもすごいなあ。しっぽってこんなに動物によって使い道が違うんですね。

絵の丁寧さ、文章のわかりやすさといい、内容といい、…いい絵本だなあと思います。みーもいいくいつきでした。

posted by 麻井由紀 at 23:07| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

サラダだいすき

「サラダだいすき」
ひさかたチャイルド 発行
梅津ちお 作・絵

トマトきります とんとんとん。…じょうず!

同じ出版社発行の「おかいもの おかいもの」のように、手を使って実際にやってみて楽しむ絵本。前のページに切る前のトマトの絵があって、その次のページに切られたトマトの絵があります。1〜3歳くらい向けだと思うので、既にみーには少し幼い内容なのですが、くーいーつーくーくーいーつーくー。好きですよね、女の子ってこういう本。
おもしろいのが、途中、卵とにんじんは切る前の絵が2ページ続いて、その次のページで二つまとめて切られた後の絵が載ったのですが、みーは、切る前の卵の絵のページを見て、次がにんじんなのをみて、慌てて走ってきて、「お母ちゃん、この本ちぎれてるよ!!」

…みーや。…落ち着いて最後まで読みなさい。

なんだかなー。こうなったら次はこうなるはず、という予測が出来るようになったんだなといえばそれまでですが。早とちりは私に似たんだな、きっと。
posted by 麻井由紀 at 22:50| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

七五三礼拝

みーの通っている幼稚園はカトリック系。
ので、基本的に行事はカトリックの行事だと思っていました。
五月のマリア様へのお祈りとか、12月の生誕劇とか。

ところが。11月のお知らせにこんな言葉が。

「七五三礼拝を行います」

し、し、七五三……!?そんな日本的な、てか思いっきり神社っぽいお祝いを、カトリックでやっちゃうんですか…!?

…やっちゃうんですね、これが。

今日行ってきました(父兄参観も兼ねているので)。
幼稚園に付属している聖堂で、園児の半数が集まって(全員は入りきらない)、園長神父様のお祈りを聞き、神様へのお祈りを捧げ、良い子で元気に大きくなれますようにとお願いし、マリア様のお歌やイエス様のお歌を歌い…。

最後に、聖水で千歳飴を聖別します!子供達の頭上にもまきます!そして、なんていう名前かわかりませんが、よくカトリックの巡礼などで見かける、お香をふりまくようなランプ?あれをくるくるふって、煙をまき散らす……。
聖水とかお香とか、外国のドキュメントで見たことはありましたが、日本でこんな身近に儀式としてみられるとは思わなかったので、ちょっと感動…。…卒園生のお母さん(同じマンションの人)が、「七五三礼拝は、一回は絶対行くといいわよー!」とおっしゃってたのがわかります。…すてき。

いやでも、和洋折衷でおもしろかったです。ちなみに、七五三のお守りとしていただいてきたのはマリア様のメダルなんですよー。(園ではメダイ、と呼んでらっさいます)でもそれといっしょに、いかにも伝統的な千歳飴ももらってくるんです。…不思議だなー。
posted by 麻井由紀 at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。